スポンサーリンク
スポンサーリンク

科学で解明できない現象と、非科学的?な?占いの関係をさぐる。

結論:科学と占いが手を組めば最強かも

私たちの世界には、科学でもまだ解き明かせない謎が数多く存在します

この記事では、これらの科学的未解明事象と、古来から人々を魅了し続けている占いとの関連性について探ります。

どっちもこっちも、否定派肯定派、中立いろいろありますが、ここでは、中立で見ていきたいと思います。

科学でいまだに説明できない世界


科学が進歩するにつれ、多くの謎が解明されてきました。しかし、依然として完全には理解されていない現象が数多く存在します。ここでは、いあくまで一例として、「量子もつれ」「意識のハードプロブレム」、さらに「ダークマター」「プラセボ効果」を紹介します。

量子もつれと意識のハードプロブレム


量子もつれは、二つの粒子が相互に影響し合う現象であり、一方の粒子の状態を測定すると、もう一方の粒子の状態も瞬時に決まります。この現象は、粒子がどれだけ離れていても起こりアインシュタインによって「遠隔作用のお化け」と表現されました。しかし、量子もつれのメカニズムは現代科学でも完全には理解されておらず、この原理を利用した量子コンピューティングなどの技術が研究されています。


1.量子もつれ: 粒子間で即時に影響。
2.距離無関係で発生。
3.アインシュタイン: 「遠隔作用のお化け」。
4.完全解明されず、量子コンピューティングに応用。

一方、意識のハードプロブレムは、私たちがどのようにして自分の経験を「意識」として体験しているかについての問題です。科学が物質的な現象を解明することは得意ですが、主観的な「意識」の経験を説明することは非常に難しいとされています。意識に関する研究は神経科学や心理学で進められていますが、根本的な理解には至っていません。


1.意識のハードプロブレム: 自分の経験がどう「意識」になるか
2.物質的現象は解明可能だが、主観的「意識」は難しい。
3.神経科学・心理学で研究中、根本理解なし。

ダークマターとプラセボ効果

ダークマター


宇宙の質量の大部分を占めるとされるダークマターは、直接的に観測することができない物質です。ダークマターは光を放出しないため、その存在は宇宙の大規模な構造から推測されていますが、未解明の理由として、ダークマターが光を放出しないことが挙げられます。ダークマターの性質を理解することは、宇宙の成り立ちや進化を解明する鍵となります。


1.ダークマター: 宇宙質量の大部分。
2.直接観測不可、光放出せず。
3.宇宙構造から存在推測。
4.性質解明が宇宙理解の鍵。

プラセボ効果

プラセボ効果については、治療効果のないはずの処置や薬が、患者に実際の改善効果をもたらすことがあります。この現象は、患者の期待や信念がどのように身体に影響を与えるかという、心と体の関係に関する深い問いに触れています。プラセボ効果は新薬の効果を評価する臨床試験において重要な役割を果たしていますが、その正確なメカニズムはまだ完全には理解されていません。


1.プラセボ効果: 効果なし処置が改善効果。
2.心体関係: 患者の期待が体に影響。
3.臨床試験で重要。
4.メカニズム未完全解明。

占いを科学的な方法で調べるやり方


占いというと、星座や手相、タロットカードのような、ちょっと不思議な力を思い浮かべる人が多いかもしれません。でも、占いの裏側で働いている心理学や、科学から見たやり方を調べてみると、占いが人々にどんな影響を与えているのかについて、新しいことがわかるかもしれません。

占いがどうやって科学とつながるか


占いには科学的な面もあるんです。まず大切なのは、占いがどうやって私たちの気持ちに影響を与えるかを理解することです。心理学の研究によると、占いは私たちが感じる不安や心配を少し和らげてくれる効果があると言われています。これは、「自分で何かをコントロールしている気がする」という感じとも関係があり、人生や周りの出来事に少しでも影響を与えられていると感じることで、心が落ち着くんです。

さらに、占いは自分自身について深く考えるきっかけをくれることもあります。自分のことや自分の人生について考える機会を与えてくれるので、自分をもっとよく知ることができるようになるんです。

確証バイアスと占い


占いが人の心にどう影響するかをもっと詳しく調べると、「確証バイアス」という考え方が出てきます。これは、人が自分がもう信じていることや期待していることを支持する情報には目を向けやすく、それと反対の情報には注意を払わない、またはあまり重要だと思わない傾向のことです。占いでは、この傾向が大きな役割を果たします。

たとえば、占いでいいことが言われたら、その人はその情報を自分の希望や期待に合うものだと感じて喜びやすくなります。でも、悪い結果が出た場合は、それを無視したり、その重要性を小さく思ったりすることで、気持ちのバランスを保とうとします。

人が占いに惹かれる理由や、占いがどうして心の支えになるのかというのは、占いが心にどう作用するかを学ぶことでよくわかります。

科学と超自然の交差点


科学と超自然は全く異なるもののように思えますが、科学は解明されていない現象を明らかにしようとしています。この部分では、科学がどのように超自然現象を研究しているか、そしてその研究がどんな困難に直面しているかを見ていきます。

超自然現象への科学的なみかた


超自然現象、心霊現象やUFOのようなものは、科学では扱えないとされてきました。しかし、科学者たちはこれらを客観的に、幽霊などを研究しています。たとえば、超自然現象について

・現象の温度変化の記録
・電磁波の変動の記録
・音響分析の実施

などを使いデータを集め、幽霊、超自然現象の原因を研究しています。このような研究は、現象がどのような状況で起きるかの理解を深めることに役立ち、場合によっては、心理的な理由や物理的な説明が見つかることもあります。

科学的探求の限界と可能性


科学は、私たちが見たり触れたりできる現象に焦点を当てています。

これまで「超自然」と呼ばれたもの、例えば雷や疫病なども、科学の進歩によってその仕組みが解明されてきました

つまり、科学の範囲は、新しい知識や技術が発展するにつれて広がっていくものなのです。未知の事象に対して科学的な方法でアプローチすることで、理論が新しくなり、技術が進歩し、私たちの世界に対する理解が深まることが期待されます。

簡単に言うと、科学は常に進化しており、今日では説明できないことも、将来的には解明される可能性があるということです。

占いと科学的根拠: 相互理解への道


科学と占いは、まるで異なる二つの世界のように見えますが、実はお互いに役立つことがあります。

科学は、実験やデータを使って物事を明らかにしようとします。一方、占いは、人の気持ちや将来について考える方法を提供します。

科学が進むにつれて、占いで感じる心の効果や、私たちがどう感じるかについてもっと知ることができるかもしれません。

これは、占いのいくつかの部分が、科学によって説明されるかもしれないということです。また、占いが見せる人の行動や心理のパターンを見て、科学者が新しい研究のアイディアを思いつくこともあるでしょう。

つまり、科学と占いがお互いを認め合うことで、まだ私たちが知らないことを探す新しい方法が見つかるかもしれないのです。簡単に言えば、科学と占いは、一緒になって育てばいいんじゃないかなとおもいます。

占いにおける科学的アプローチのメリット


占いに科学を取り入れることは、いくつかの良い点があります。まず、科学的な方法を使えば、占いが人の心にどんな影響を与えるかをしっかりと調べることができます。

これは、占いが人々にどれくらい役立っているか、どうすればもっと役立てられるかをわかるようにするためです。

例えば、ある占いが人を落ち着かせたり、決断を助けたりするのに役立つと科学的に証明されたら、その占いは心のケアをするときのお手伝いとして価値があるとみなされます。

さらに、科学的なやり方を占いに使うことで、占いのやり方がもっとクリアになり、人々がもっと批判的に考えるようになります。

占いの結果をただ信じるだけではなく、それがどうしてそうなるのか、効果は本当にあるのかを考えることが大切です。

このようにして、占い師とその利用者の間でお互いをよく理解し、信頼関係を築くことができます。

まとめ


科学と占いは、最初は反対のもののように思えますが、実はうまく組み合わせることで新しい発見ができるかもしれません。

科学も万能ではなく、人間にはわからなことは山ほどあります。人間の意識や、「意思」「思考」は、科学では再現できないです。

そういう神秘的なものも踏まえて、占いに科学を使ってみたりすることで、人の心にどんないい影響を与えているかをしっかり調べることができ、占いのやり方をもっと良くすることができます。

地球が属する天の川銀河は、約1000億から4000億個の星があると推定されています。

さらに、宇宙には約2000億個から2兆個銀河が存在すると推定されています。この数値は、ハッブル宇宙望遠鏡などの観測データに基づくもので、

もう、こんな数字見たら、人間は、宇宙から見ればちいさなものです。そのうえ、物理学では10次元から11次元あるはず、というのですから、人間にはまだまだ理解できないものも、たくさんあるのではないかなと思います。

科学と占いが手を組むことで、私たちは人の心や行動についてもっと深く理解できるようになると思います。

タイトルとURLをコピーしました