PR

納骨堂が経営破綻?[手元供養]少子高齢化時代の新しい供養の仕方

ご自宅に置ける新しいお墓!?

お墓の維持費問題について、多くの人が関心を持つようになっています。特に少子高齢化の進行に伴い、お墓の維持が難しくなり、手元供養が注目を集めています。ここでは、伝統的なお墓と手元供養の費用や問題点について詳しく説明します。

家墓(かぼ)のすすめ

手元供養、してみませんか?

ご自宅でご家族に囲まれて安らかに眠るために、ご遺骨を身近に置いて供養することを「手元供養」といいます。

昨今ではお墓を建てると地域差こそあれ約100万からかかります。
しかし、家墓では約10万円ほどでご自宅にお墓を持つことができます。

生前と同じように愛するご家族を身近に感じ、いつでも手を合わせ、語り掛けることができるため、家墓で手元供養を選ぶ方が増えています。

サイトトップ桜画像

ご自宅に置けるこの新しいお墓は、中にお骨を納骨しいつでもご家族のそばに、いつでも手を合わせたいときにご供養ができます。

また、手元供養はお墓の購入やその後の管理費などの経済的負担を軽減することができ、遠方への引っ越しの際にも一緒に移動することができます。

【家墓】(かぼ)は最高級の御影石を職人が心を込めて一つ一つ削り出し、丁寧に磨いて製作しています。様々なデザインや大きさをご用意しており、経済的負担を抑えながら、お手元にてご供養ができます。

おひとりさま用の【家墓】は、ご遺骨より小さなスペースに置くことができ、家族用はご夫婦、パートナー、ペットと一緒に安らかにお休みいただけます。

心もお墓もいつもそばに。

【家墓】は、手を合わせたいとき、いつもそばにいます。

家墓(かぼ)


伝統的なお墓の費用

悩む女性

日本では多くの人が火葬を選択します。火葬後、遺骨は墓地に埋葬されるのが一般的です。伝統的なお墓には、次のような費用がかかります:

  1. 墓地の購入費:墓地の購入費用は地域によって異なりますが、都市部では高額になることが多く、200万円以上かかることがあります。
  2. 墓石の設置費用:墓石の費用はデザインや材質によりますが、一般的に100万円から300万円程度です。
  3. 年間の維持費:墓地の管理費として、年間1万円から5万円程度がかかることが多いです。


手元供養の費用

手元供養は、遺骨を自宅で保管する方法で、最近注目を集めています。手元供養には次のような費用があります:

  1. 骨壺の費用:骨壺の費用は種類によりますが、一般的に5000円から1万円程度です。
  2. メモリアルジュエリー:遺骨の一部をジュエリーとして保管するもので、1万円から5万円程度です。

時代とともに、求められるものも変化してきている。

比較と問題点

コストの比較

  • 伝統的なお墓:初期費用が非常に高く、さらに年間の維持費がかかります。
  • 手元供養:初期費用が低く、維持費がほとんどかかりません。

環境への影響

  • 伝統的なお墓:墓地の管理や石材の使用など、環境負荷が大きいことがあります。
  • 手元供養:環境負荷が少なく、持続可能な選択肢とされています。

心理的・文化的側面

  • 伝統的なお墓:家族のつながりを保つための伝統的な方法であり、墓参りがしやすいです。
  • 手元供養:より個人的な供養が可能ですが、伝統的な文化や宗教的な慣習とは異なるため、抵抗感を持つ人もいるかもしれません。



まとめ

伝統的なお墓と手元供養のどちらを選ぶかは、個々の家族の経済状況、環境への配慮、文化的・宗教的な価値観に依存します。手元供養は、経済的負担が少なく、環境にも優しい選択肢として注目されていますが、伝統的なお墓の持つ文化的な価値や家族のつながりも大切です。しかし、手元供養が一般的になった場合、高額な納骨堂やお墓は不要なので、お墓ビジネスも変革を迎えるかもしれません。両方の選択肢について十分に考慮し、家族のニーズに最適な方法を選ぶことが大切です。